婚約指輪発掘隊

婚約指輪を買いにいくのであれば、予算は言わない方が良いです。

婚約指輪はどれくらいが相場なのか

婚約指輪はどれくらいが相場なのかという話をしばしば耳にすることがあります。

バブルの頃には、給料の3ヶ月分、というフレーズが人気となりましたが、これは当然、宝飾会社のPRです。

一般的には30万円から40万円程度の金額が妥当と考えられています。

これ以上の金額になると、ダイヤのカラット数がかなり大きくなり、見た目にもゴツゴツとした婚約指輪になる場合があります。

女性の中には、婚約指輪をもらっても、なかなか身に付ける機会がない、という意見もあるようです。

自分の場合、プレゼントした婚約指輪は、40万円をちょっと超えるものでした。

当時は相場がどれくらいだか全くわからず、とにかく、宝飾店を周って、よさそうな指輪を見つけていたのです。

セミオーダーの指輪で、相手がピンクが好きだったので、真ん中には大きなダイヤモンドを両側にはピンク色の小さなダイヤモンドを配置してもらいました。

リングは当然プラチナです。

婚約指輪については、自分が何かあった時でも、お金になるような素材やブランドで選んでおくと良いと思います。

あまり中途半端なものを買うと、本人たちには価値があるものでも、市場ではまったく根の付かないものとなってしまう場合もあります。

◇関連サイト:http://www.ozmall.co.jp/wedding/honne/vol52/